• 相続放棄の期間と手続き

    • 人が亡くなると、財産は民法の規定に基づいて遺族に相続されます。この場合に財産は現金預金や有価証券、不動産から、自動車などの動産、貴金属をはじめとした個人の持ちものすべてですが、同時に借金などのマイナスの財産も対象になります。

      故人の財産が、価値のあるものよりもマイナスのほうが大きい場合、相続放棄をすれば負債を引き継ぐ必要がなくなります。

      あなたの期待に応えるNAVERまとめが気になる方はこちらへご来訪下さい。

      相続をすることを承認といい、内容にかかわらず必ず相続することを単純承認、マイナスのほうが大きければ放棄することを限定承認、内容にかかわらず放棄することを相続放棄といいます。

      相続放棄や限定承認は相続発生から3カ月以内に行う必要があります。

      短期間に故人の財産を調査して、漏れがないか確認するのが難しい場合は限定承認、負債のほうが大きい場合は相続放棄をすれば重荷を引き継がなくてすみますが、財産は欲しいけど負債は要らないという理屈は通りません。



      同族会社の株式や不動産など、放棄するわけにいかない財産がある場合は承認以外の選択肢はありません。



      一方、3カ月の期間内でも、個人所有の自動車の名義変更をするなど、遺産を相続する意思表示を一度すると、以後は相続放棄はできません。
      身近に暮らしていても、借金については家族にも内緒にしている場合が少なくないので、財産の調査は慎重に行います。


      金融機関の通帳の記録を数カ月間分調べたり、口座引き落とし以外の場合は、亡くなった後に返済が滞れば、郵送や電話などで請求があるので、負債の見落としがないかチェックをします。

  • 最新情報

    • 相続放棄は3か月以内に家庭裁判所に申し立てる

      相続放棄とは、相続人が遺産の相続を放棄することをいいます。親などの被相続人が莫大な借金を残して亡くなった場合などに、配偶者や子供などの相続人にその借金を負担させてしまうと彼らの生活が成り立たなくなるためこの手続きが存在するとされています。...

  • 基礎知識

    • 相続放棄の手順と必要な書類

      被相続人から遺産を承継することを相続と言いますが、その遺産の全部を受け継ぐ権利を放棄する事を相続放棄と言います。これは、被相続人の借入金や事業用負債が多い、あるいはその判断が困難な場合、家業などを引き継ぐ相続人に遺産を承継させる場合などで行われます。...

  • 法律の特徴・知っておきたい常識

    • 相続放棄をするためには

      亡くなった人から財産を受け継ぐ立場にある相続人であったとしても、そのまま財産を引き継ぎたくない事情が存在することはあるものです。たとえば、財産の中身が現金や預金などといったものではなく、借金のようなマイナスの意味での財産ばかりであったといった場合が挙げられます。...

    • 相続放棄する理由や注意点

      法定相続人になると、被相続人の残した財産を相続することになります。しかし、手続きを行えば相続放棄もできます。...