• 相続放棄は3か月以内に家庭裁判所に申し立てる

    相続放棄とは、相続人が遺産の相続を放棄することをいいます。親などの被相続人が莫大な借金を残して亡くなった場合などに、配偶者や子供などの相続人にその借金を負担させてしまうと彼らの生活が成り立たなくなるためこの手続きが存在するとされています。
    ですから、受け継ぐはずの遺産に借金などのマイナスの遺産が明らかに多い場合には相続を放棄することができます。


    また、他の兄弟に遺産を相続させるために遺産の相続を辞退したり、相続争いに巻き込まれたくないなどの理由から相続を放棄することもあります。


    手続きは、自分が相続人になったことを知った時から3か月以内に家庭裁判所に「相続放棄申述書」を提出する必要があります。

    @niftyニュース情報の公開中です。

    家庭裁判所にそれが認められれば、「相続放棄申述受理通知書」が交付されることになります。
    相続を放棄すると、最初から相続人とはならなかったものとみなされます。

    それから、3か月以内に家庭裁判所に申し立てをしないと、単純承認したとみなされ、プラスの遺産が多くてもマイナスの遺産が多くてもすべて相続することになってしまうので注意が必要です。



    3か月以内に相続放棄するかどうか決められない特別な事情がある時には、家庭裁判所に「相続放棄のための申述期間延長」を申請することができます。



    また、相続する財産が負債の方が多いかどうか判断がつかない場合には、相続分がマイナスにならない範囲で遺産を相続する限定承認という方法があります。