• 相続放棄の手順と必要な書類

    被相続人から遺産を承継することを相続と言いますが、その遺産の全部を受け継ぐ権利を放棄する事を相続放棄と言います。
    これは、被相続人の借入金や事業用負債が多い、あるいはその判断が困難な場合、家業などを引き継ぐ相続人に遺産を承継させる場合などで行われます。
    相続放棄は、被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に、相続の開始を知った日から3ヶ月以内に相続放棄申述書と必要書類を提出し、許可を受けなければ放棄する事はできません。
    申述書には、一面に申述人(放棄をする人)と被相続人の本籍、氏名、住所、生年月日、および被相続人との関係、死亡した日付を記載し、二面に相続の開始を知った日、放棄の理由、相続財産の概略を記載します。



    なお、申述人が未成年の場合は法定代理人あるいは特別代理人が代理として申述を行います。

    申述に必要な書類は、申述書のほか、被相続人の住民票除票または戸籍附票と申述人の戸籍謄本です。
    申述人が被相続人の配偶者、子、孫の場合は被相続人の死亡の記載がある戸籍謄本が、代襲相続である場合は被代襲者の死亡の記載がある戸籍謄本が必要となり、さらに申述人が被相続人の両親など直系尊属、兄弟姉妹、あるいは甥や姪である場合は別途必要となる戸籍謄本が異なります。



    これらの書類を800円分の収入印紙とともに提出し受理されると、1〜2週間程度で家庭裁判所から照会書が届きます。


    申述人は照会書に必要事項を記入し、署名押印をして返送すると相続放棄申述受理通知書が発行され、手続きが完了します。

    日本経済新聞に有効なサイトの紹介です。

    なお、期限内に相続放棄の判断に必要となる資料を用意できないときは、期限の伸長を申し立てると家庭裁判所が期限を伸ばせる場合があります。