• 相続放棄する理由や注意点

    法定相続人になると、被相続人の残した財産を相続することになります。

    しかし、手続きを行えば相続放棄もできます。これを行う理由の1つに借金などのマイナスの財産があります。
    相続の対象となる財産は現金などのプラスのものだけでなく、マイナスになる借金も含まれます。

    日本経済新聞情報をお教えします。

    片方だけを相続することはできないので、マイナスの方が大きくなる場合には放棄した方が得になります。



    また、財産がプラスになる場合でも、複数の法定相続人がいると相続争いに巻き込まれることがあるため、これを回避するために放棄するケースもあります。
    相続放棄するときの注意点として、手続きには期限があり、過ぎてしまうと単純承認となって放棄できなくなります。
    自分が相続人になったと知ったときから3か月以内に家庭裁判所に申請しなければなりません。

    しかし、被相続人の財産の把握に時間がかかり、3か月以内に判断が難しいこともあります。


    この場合、家庭裁判所に申請して認められれば期限を延長できます。
    これは申請しても認められないこともあるため、時間がかかりそうであれば早めに申請して延長できるかはっきりさせておきましょう。
    また、一度相続放棄が裁判所に認められてしまうと撤回できなくなることにも注意しましょう。
    なお、3か月以上経過した場合以外にも、相続放棄前、または放棄後に財産を一部でも消費してしまったり、財産を故意に目録に記載しないで隠匿した場合なども単純承認したものとされ、放棄できなくなります。